健康な歯を守るための食事について

身体の健康のためには、歯の健康は欠かす事が出来ません。
歯の健康を守るために、歯を丈夫にする食事について紹介していきます。

 

まず歯の原料はカルシウムです。
体内でカルシウムが不足していたら、歯に十分は栄養が回りません。
そのため子魚を食べる、牛乳を飲むなどカルシウムが不足しないように、心がけましょう。

 

歯の健康が気になりはじめたらここへ

 

そしてカルシウムだけ摂取していれば、歯の健康は守られる訳ではありません。
ではカルシウム以外に、どのような栄養素を摂取すればいいのでしょうか?

 

タンパク質は、歯の土台を作り、またカルシウムの吸収をよくする働きがあります。
動物性タンパク質として肉や魚、植物性タンパク質として大豆などに多く含まれます。

 

マグネシウムは、カルシウムの吸収を高めます。
魚介類や海藻類、納豆などに多く含まれる栄養素です。
ビタミンD、ビタミンA、ビタミンCなどのビタミン類もそれぞれ歯の健康のために働いています。
特にビタミンAには、歯を丈夫にするエナメル質を作る働きがあるので、ビタミンAを多く含むタマゴやチーズ、緑黄色野菜を摂取して下さい。
栄養のバランスの取れた食事を摂取する事も歯の健康には重要ですが、食べ方も重要だと言えます。
歯の健康にいい食べ方とは、よく噛んで食べる事です。
よく噛む事で唾液の分泌量が増え、歯を細菌から守ってくれます。
またよく噛む事で歯が丈夫になり、顎が発達する事で歯並びがよくなり、磨き残しが軽減されます。

 

そして食事が終わった後の対応で、歯の健康に大きく差がつきます。
食事をした後に、汚れや食べかすを口の中に長時間残さないようにして下さい。
食事の後は口の中が酸性になり、歯の表面が溶けて虫歯になりやすい状態です。

 

なので食後に歯を磨き、口の中から汚れや食べかすを取り除き、フッ素を与える事で虫歯予防の効果があります。