歯茎の再生治療について

歯周病になると、歯茎が退縮してしまい歯茎が下がるので、歯が長く見えてしまいます。
自分の歯茎が下がっているのかどうか、判断する方法としては、歯が長く見える以外の特徴として、変色している歯がある事、冷たいモノを食べると染みる事、歯の間にモノが詰まりやすい事などが挙げられます。
もしこれらに思い当たるふしがある人であれば、一度歯科医院で検査を受けるようにしましょう。
 

 

また歯が長く見える審美的なデメリットだけでなく、歯根がむき出しの状態になるため虫歯や知覚過敏になるリスクも高まります。

 

では歯周病が原因で、失われてしまった歯茎を再生させる事は可能なのでしょうか?
歯茎の再生治療は、大きく分類すると2つの治療法があります。

 

1つ目は、歯周病で溶かされた顎の骨を再生させる治療法です。
骨を再生させると、歯茎も再生するの?と不思議に思うかもしれません。
ですが、歯茎の下に骨がある状態なので、骨が再生される事で、自然と歯茎も盛り上がり再生します。
ただし骨が溶けている状況によっては、適応できない場合もあるので、担当医に相談してみて下さい。

 

2つ目の方法は歯茎の移植です。
退縮してしまった部分の歯茎に、別の場所の歯茎の一部を移植する事で、歯茎の再生を行います。
また移植以外にも、近くの歯茎から歯茎を引っ張って移動する治療法もあります。

 

ただし歯茎の再生治療を行い、無事に歯茎が再生したとしても、安心は出来ません。
なぜかというと、歯周病が再発してしまえば、再び歯茎が下がってしまうからです。
そのため日常的に歯周病ケアを行い、再発防止につとめる事をお勧めします。

関連ページ

最新の歯周病治療ペリオド
最新の歯周病治療ペリオド
歯茎をキレイにする方法
歯茎をキレイにする方法
歯周病は飲み薬で治せる?
歯周病は飲み薬で治せる?
デンタルケアグッズの選び方
デンタルケアグッズの選び方
健康な歯を守るための食事について
健康な歯を守るための食事について
予防歯科のメニューについて
予防歯科のメニューについて
歯茎が黒い原因について
歯茎が黒い原因について