一般診療・歯周病

歯科医院の治療で、1番患者が多いのは歯周病です。
なぜかというと、歯周病とは人類史上最も感染者が多い感染症と言われています。
日本人でも、40歳以上の9割が歯周病だと言われています。
9割と言われると、自分ももしかしたら、と不安になる人もいるでしょう。
歯周病の特徴は歯を磨くと血が出る、歯と歯の間に隙間が出来る、
歯茎が赤く腫れている、口臭がする、歯がグラつく、噛むと痛みを感じる、歯茎が減ってきたなどです。
これらの症状のうち2つ以上該当するという人は歯周病の可能性が高いと言えるでしょう。
歯周病の原因は、歯茎についた歯垢から歯周病菌が入り込み、
歯を支えている組織を壊します。

 

そのため歯周病になってしまうと、
歯がグラグラし、最終的には歯が抜ける事になってしまいます。
また歯周病菌が血液に入り、身体の全身に行きわたると、
動脈硬化やがん、肺炎などの病気の原因になる恐れがあります。
なので歯がグラつくなどの異変を感じたら、
すぐに歯科医院で治療を行うようにして下さい。
歯周病の治療は、進行具合によって大きく異なります。
そのため個々に合う治療を、患者と相談しながら治療していく形になります。
歯周病になってから治療するのは、大変な労力がかかります。
そのため歯周病は予防に力を入れましょう。

 

毎日のブラッシングと、歯周予防のうがいをしっかり行いましょう。
そして日常のブラッシングでは取れない歯石を、
定期検診で綺麗に除去してもらいましょう。
定期検診は歯周病の早期発見にもつながるので、
面倒くさがらずに3〜6ヶ月に1度のペースで歯科医院へ通いましょう。

 

歯周病の治療ならS&Aデンタルクリニック