一般診療・虫歯

歯科医院の治療の種類はいくつかありますが、一番認知度が高い治療は虫歯治療です。
ほとんどの人が1度ぐらいは、虫歯治療をした経験があるのではないでしょうか?
新百合ヶ丘にある有名な歯医者に訪れる方もほとんどが虫歯治療が目的です。
虫歯治療は虫歯の進行状態によって、
治療内容や治療にかかる期間、治療費は大きく異なります。

 

虫歯の進行状態はC1〜C4の4段階に分けられます。

 

C1段階では、痛みなどの自覚症状はありません。
C1の段階は虫歯がエナメル層と呼ばれる一番外側の固い部分に限定されています。
そのため治療は、少し削って白い樹脂で埋めるだけで治療は完了です。
治療はとても簡単で、治療中の痛みもほとんどありません。
早期発見早期治療が大切だと言われるのは、このためです。
虫歯の早期は自覚症状がないため、定期検診が重要なのです。

 

C2の段階は冷たいものを食べるとしみます。
歯がしみても知覚過敏だと自己判断してしまう人もいますが、
自己判断せずに病院へいきましょう。
C2だと神経までは抜かずに治療が可能です。
穴が大きい場合は詰め物をする必要があります。

 

C3の段階は激しく痛みを伴います。
ここまで進行してしまうと、神経を抜く必要があります。
根の治療と、その土台と被せものも必要になるので、
治療期間が長くなります。

 

C4の段階は腐った根だけ残っている状態です。
膿も溜まり口臭もしてきます。
神経の治療も出来ないレベルなので、
もう歯を抜くしかありません。
この状態で放置すると、他の歯まで虫歯菌に感染してしまうので、
出来るだけ早く歯科医院へ行くようにして下さい。
最近は医療の技術が進歩したため、歯を抜いてしまっても、
インプラントで人口歯を指し、
綺麗な見た目にする事は可能です。