自由診療・インプラントと歯並び矯正

歯科医院で行っている診療には、いくつかの種類があります。
まず大きく2つに分けると、一般診療と自由診療です。
一般診療とは、保険が適用される虫歯や歯周病、
噛み合わせなどの治療の事です。
そして自由診療とは、保険適用外の治療の事で、
一般診療ほど緊急性はなく、また全ての人が行う治療ではありません。
どのような治療が自由診療に該当するのかというと、
インプラント、歯並び矯正、審美歯科、ホワイトニングなどです。
中でも駒沢大学付近の歯科ではインプラントが人気です。
では歯科医院の自由診療について、もう少し詳しく紹介していきたいと思います。

 

「インプラント」とは、歯の根の代わりに金属を使った人工歯の事です。
歯周病や虫歯が原因で、抜けてしまった歯に対して、
最も天然歯に近い形に治療をしてくれます。
そのため噛み心地や見た目は、天然歯とほとんど変わりません。
周囲の歯に負担がかからず、長期間使用出来るというメリットがあります。
しかしデメリットは保険が効かないので費用がかかってしまいます。
また手術と、手術後のアフターケアが必要です。
「歯並び矯正」は、歯並びが悪いと見た目が悪いから矯正をするという理由だけではありません。
歯並びが悪いと、歯磨きで磨き残しが出やすくなり、
虫歯や歯周病になりやすいというデータがあります。
また高齢になっても歯が抜けずに、長持ちさせるためには、
歯並びを矯正した方が丈夫で長持ちします。
つまり、歯の健康状態をいいものにするために、
歯並びを矯正する人が増えているのです。
昔は歯の矯正は銀色の矯正装置が目立ったり、
また矯正の際に歯が痛いなどのデメリットがありました。

しかし今は技術も進み、痛みを伴わずに目立たない矯正装置になっています。