歯茎をキレイにする方法

審美歯科に訪れる人は、歯をキレイにしたいという気持ちが強い人です。
歯をキレイにする方法として、歯を白くするホワイトニングや歯並びを良くする矯正や人工的なかぶせ物などの方法があります。
 

 

ですがせっかく歯がキレイになっても、歯を支える歯茎がキレイでなければ、歯もキレイには見えません。
では歯茎をキレイにするには、どうしたらいいのでしょうか?

 

まずキレイな歯茎とは、どのような状態なのかというと、健康的な歯茎の事で、薄いピンク色をしています。
そして歯と歯の間に入り込んで弾力があり、歯磨きをしても腫れたり、出血をしたりする事がない状態です。

 

歯茎が紫や黒に変色する原因は、歯肉炎や歯周病が原因だと考えられます。
では変色した歯茎を健康的なピンク色に戻すためには、どうすればいいのでしょうか?

 

まず歯をキレイに磨き、歯垢を落として口内の細菌の繁殖を抑える事が必要です。
歯磨きや歯間ブラシ、マウスウォッシュなどで歯のケアを十分行った後で、歯茎をマッサージします。
歯茎のマッサージの方法は、指で歯と歯茎の境目を奥から手前に3〜5回、指の腹の部分で優しくマッサージして下さい。
力を入れずになでるようなイメージで、クルクルと指を回しながら行いましょう。

 

歯茎のマッサージを行う時には、必ず爪は短く切っておく事をお勧めします。
長い爪でマッサージを行うと、逆に歯茎を傷つけてしまい、細菌が繁殖しやすい状況になってしまいます。

 

また黒ずんでしまった歯茎は、ガムピーリングと呼ばれる治療が有効的です。
ガムピーリングとは、古い皮膚の表面をはぎ取り、新しい皮膚を形成させる方法です。
古い皮膚が黒ずんでしまっているので、新しい皮膚になるとピンクで変更的な皮膚を取り戻す事が出来ます。
ただしアルコールアレルギーがある人は、ガムピーリングの治療を受ける事が出来ません。