歯茎が黒い原因について

健康的な歯茎はピンク色をしています。
もしあなたの歯茎が黒色の場合、病気のサインの可能性があります。

 

では歯茎が黒色になる原因をいくつか紹介していきます。
まず病気ではなく、虫歯の治療の際に金属を使用した場合、年月が経過すると金属が溶けだす事があります。
金属が溶けだすと、歯茎が黒ずんでしまいます。
この金属が原因で、歯茎が黒ずんでしまう現象をメタルタトゥーと呼ばれています。

 

メタルタトゥーを改善するには、金属を取り除くしか方法がありません。
そのため治療痕である金属の被せ物や詰め物を取り除き、新たに金属以外の素材で被せ物や詰め物をする必要があります。

 

また歯茎が黒色になる原因は、歯周病のサインの可能性があります。
しかも歯周病が原因の場合は、かなり進行が進んでいる状態だと言えます。
歯茎の奥にまで歯周病菌が入り込み、炎症が起こっているために、血液と歯垢が混じり黒くなります。

 

歯周病は初期段階では、自覚症状がない病気なので、歯茎が黒色になるなど口内で異変を感じた場合は、すぐに診断を受ける事をお勧めします。
 

 

またケガや虫歯が原因で、歯の神経が死んでしまう事があります。
歯の神経が死んでしまうと、歯も黒くなりますが、歯茎も黒くなってしまいます。
あとは日常生活で、タバコを吸っている人は、タバコのニコチンやタールが原因で歯茎が黒くなってしまいます。

 

歯茎が黒いのは病気のサインの可能性もあるので、放置せず一度歯科医院で診断を受けてもらいましょう。
歯科医院では、黒くなってしまった歯茎を健康なピンクにする治療法がいくつか存在します。