乳歯と永久歯

子どもの時に生える歯のことを「乳歯」と言います。
生後6〜8カ月頃から生えはじめて順番や時期が異なる場合もありますが
まず下の乳中切歯(いわゆる2本の前歯)、続いて上の乳中切歯の順に生えます。
その後は前から奥へ向かって順に生え、2〜3年かけて全部で20本の乳歯が生え揃うのです。
乳歯が生えることで子どもは物を噛むことができるようになり、顔の形も次第に整っていきます。

 

この乳歯の下あごの中では、乳歯の根が少しずつ溶かされて永久歯が時間をかけて成長していきます。
個人差はありますが一般的には、6歳前後から6〜7年かけて乳歯から永久歯へと生え換わっていくのです。
具体的には永久歯が乳歯を突き上げることで乳歯の歯根を破壊し、乳歯が脱落することで永久歯が生えてきます。

 

永久歯は「大人の歯」とも呼ばれ、「親知らず」を含めてその形状と役割で3種類32本あります。
食べ物を噛み切る役割をもった「切歯」(平べったい形状の歯)、
食べ物を切り裂く役割をもった「犬歯」(先がとがっていて犬の歯に似た形状の歯)、
食べ物を磨りつぶす役割をもった「臼歯」(上下をこすり合わせてすり潰せるような臼に似た形状の歯)の3種類です。
乳歯と永久歯で大きな違いはありませんが、強いて挙げるとすれば次のとおりです。
「色」は乳歯が白に近いのに対し永久歯は黄色味を帯びています。
「サイズ」は乳歯の方が永久歯よりもひとまわり小さく、
「歯質」は乳歯の方がエナメル質・象牙質ともに薄いことで虫歯が進行しやすいといわれます。

 

信頼できる豊洲の歯医者さんhttp://www.cosmedental-toyosu.net/

歯の構造と歯の役割

歯の構造を「歯冠部」と「歯根部」に分けて情報提供しましょう。

 

「歯冠部」と呼ばれる歯の見えている部分は、「エナメル質・象牙質・歯髄」の3つの組織からできています。
「エナメル質」は歯の表面を被っている水晶と同じくらいの硬さ(モース硬度7)を持った組織です。
厚みは2〜3mmほどあり、さまざまな歯に対する外部刺激から歯髄を守るのが役割です。
「象牙質」はエナメル質部分の下の組織で、歯の大部分を構成している主成分です。
虫歯は象牙質に達した後は侵食スピードが加速して象牙質に刺激が加わり、そのことで痛みを感じます。
「歯髄」は神経が通っている組織で、神経線維だけではなく
血管やリンパ管なども通っていて象牙質の形成や歯への栄養供給のほか、炎症などに対する防御反応などの役割を担っています。
「歯根部」は歯冠より下にあって歯茎におおわれて見えない部分をいい、
「セメント質・歯根膜・歯槽骨・歯茎・歯肉溝」の5つの組織からできています。
「セメント質」は歯根部の象牙質をおおっている表面組織で、
このセメント質と歯槽骨は歯根膜と呼ばれる繊維性結合組織で結びついています。
「歯根膜」は歯根と歯槽骨の間にある薄い膜のことで、歯と歯槽骨をつなぐ役割や「噛み応え」を感じる役割などがあります。
「歯槽骨」は歯周病などでよく問題になる歯の土台部分で、歯を支えている顎骨を指します。
「歯茎」は歯槽骨をおおっているやわらかい組織で正しくは歯肉と言います。
ここで引き起こされた炎症を歯肉炎といいます。
「歯肉溝」は歯と歯茎の境目にある「歯周ポケット」と呼ばれる1〜2mmの小さな隙間のことです。